頭皮のフケとかゆみの悩みを解決!シャンプーや薬で対策しよう

頭皮のフケやかゆみに悩まされている方へ

大きいサイズのキャバスーツ

私も長い期間頭皮のフケやかゆみに悩まされて、仕事でちょっと行き詰っている時なんかには非常にイライラさせられました。

ネットで販売されている商品と言うのは広告が全て誇大広告に思えてしまうので、なんとなく信用が出来なくて有名だったりランキング上位の人気のある商品なら間違いないだろうと考えてそんな物を試しては結果よくなることも無くずっと悩んでいました。
あまりにかゆくてかきむしったりすると頭皮に傷が付いてしまい余計によくない事も分かっているのですが、ついついやってしまったりしますよね?
私はセットにワックスを使っているので、これも更にかゆみを引き起こして夕方くらいになると本当に辛い思いをしていました。

 

そんな悩みを解決できるよう、自分の頭皮の環境を知って自分に合ったシャンプー選びをしませんか?

 

 

まずは自分の環境を知ろう

 

かゆみやフケの発生は同じでも脂っぽい方もいれば、乾燥した頭皮の方もいると思います。

 

パソコンに接続して自分の頭皮の状態を見ることが出来る面白い商品 もありますが、

 

そこまでしなくても自分はどんなタイプなのか簡単に確認する事が出来ます。

 

 

頭皮の肌質チェックの方法

 

シャンプーする

トリートメントやコンディショナーは使用せず、1回シャンプーでしっかりと洗ったあとドライヤーで乾燥させます。
この時半乾きの状態にするのがポイントです。その状態で時間の経過を待ちましょう

 

30-60分で脂っぽさを感じる

 

30-60分の間に頭皮を指の腹で擦った時に、指が皮脂でテカっている場合は脂っぽいタイプです。
このチェックですが、脂取り紙で行うとより分かりやすく確認する事が出来ます。

 

60-90分で脂っぽくなる

 

この時点で脂っぽくなる場合は平均的でバランスの良いタイプと言えます。

 

90分-

 

これ以上かかる場合は乾燥肌となります。5時間以上経っても皮脂が出ない場合は重度の乾燥肌です。

 

 

乾燥と、脂性の両方に共通して言えるのは シャンプーの洗浄力が高すぎる場合は逆効果になってしまうという事です。

 

洗ったあとのサッパリ感を感じられずどんどん強力なシャンプーを試していると状況は悪くなる一方なので注意しましょう。

 

 

頭皮のかゆみの原因は?

 

上でチェックした頭皮の環境にもよって異なる部分もありますが、共通している事もあります。

 

皮脂汚れ

 

これはやはり皆さん気にされている事だと思いますが、最も多い原因です。
洗いすぎてもダメ、洗えていなくてもダメなのが皮脂汚れの難しいところなのです。。。

 

洗えていない場合の皮脂汚れは分かりますが、洗いすぎてもダメって言うのが分からないですよね?

 

洗いすぎの場合が原因の場合は、シャンプーの洗浄力が強すぎて皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
脂っぽい場合の皮脂汚れに関しては、シャンプー選びが非常に重要になると言う事ですね。

 

そんな悩みも全て解決してくれるシャンプー

 

そんなこれまで紹介してきた様々な問題を解決してくれるシャンプーがあります。

 

値段がちょっと高かったのですが、特別価格と送料無料にひかれて注文したのですが

 

非常に効果が高く使用を始めてすぐにかゆみが無くなり、3日ほどで完全にフケも止まりました!

 

これまで色々試してもダメだった方は是非試してみて下さい

 


ホーム サイトマップ